製品開発会議のイメージ

経験豊富なスタッフが構想設計から立体組図まで各種省力化装置開発・受託設計に対応致します。

各種機器開発・設計・製造及び据付、新商品開発の依頼や具体的な案が無くてもお困りのご相談からおおよその企画までご用命ください。また、弊社では特に各種自動化・省力化装置の自社開発に力を入れており、多くの評価を頂いております。OEMについてもお気軽にご相談ください。

開発・設計の体制と生産の流れ

機構設計

機構設計

機構設計では、製品の形や部品の厚さ・重量、製品内部の部品構造などを設計し、個別の部品を作り上げていきます。また、扱う部材の動きをコントロールし、操作性などを追求し、製品本体やボタンのサイズ・厚さ、強度や重量・サイズを計算し、CADを使って製品を設計していきます。

電気設計

電気設計

電気回路の設計、配線や制御盤の設計、機械に取り付けるセンサーやモーターなどの電装品の選定などのハードウェア寄りの設計を行っています。また、圧力計や温度計などの計測機器を機械に装備させる計装設計も、業務内容の一部となっております。

ソフト設計

ソフト設計

機械を動かすためにPLCやPC、マイコンなどのプログラムを作成し機械を制御する設計です。
機械の仕様通りに動作や機能を実現させます。要点定義→仕様設計→プログラミング→テストの手順で設計開発を進めます。

各種省力化装置の設計

各種省力化装置の設計

お客様の要望を実際に形にします。機構設計では構造から、最適な部品配置検討、個別部品の設計を行います。電気設計では豊富な経験とノウハウにより、安全を考慮した最適な機器選定から効率的な電気設計を行います。また、配線経路をルーティングするWIRING-CADと連動させることにより、設計データを製造の自動化に有効に活用できます。そして、各種PLCソフト開発から現場での生産立ち上げまでトータルにサポートします。

高精密部品加工

部品加工

お客様の要望を実際に形にします。機構設計では構造から、最適な部品配置検討、個別部品の設計を15トン天井クレーンが設置され大型精密部品の加工から、多様化する多品種小ロット生産のニーズに対応する為に導入した、立型マシニングセンタ及びNC旋盤を効率良く稼働させ製作いたします。また、専門メーカーならではの制御盤構造に特化した構造の開発や、細さと熱変形に対する経験・瞬時の判断力に支えられる製缶・溶接工程では、熟練スタッフの手により確かな製品が生み出されています。

組立・電装・デバック調整

組立・電装・デバック調整

お客様の要望を実際に形にします。機構設計では構造から、最適な部品配置検討、個別部品の設計を組立作業に関しては、大型案件、量産製品はもちろん、小ロット品についても対応しております。また、ISO規格 class6のクリーンルームも完備しており清浄さが要求される組立・電装にも対応しています。熟練の技術者が1品オーダー品の配線から、ローコストが求められる量産製品の組み立てまで、お客様のニーズに合わせたフレキシブルな生産に対応します。

検査

検査

各種検査機器を保有し全製品検査を行うことにより、より高品質な制御盤をお客様にお届けします。また、専用の検査エリアを使い立会検査、ソフトのデバックにも対応いたします。出荷製品に関しては、全て製造番号よりトレーサビリティがとれております。仮に出荷した後に不具合が生じてしまった場合、その製造物の製造履歴を追跡できるようになっております。

return to top